不動産投資のメリット・デメリット(リスク)

 不動産投資は、上手に運用できれば大きな利益や不労所得を得て余裕ある生活を送れるようになります。一方で、「内容が専門的で難しそう」という先入観やハードルの高さを感じ、ためらう人が多いのも事実です。

 そこで今回は、不動産投資の基本的な知識について、メリットやデメリット(リスク)について、簡単にご紹介したいと思います。すでによく分かっているという方も、おさらいの意味でもざっと読んでみてくださればと思います。


不動産投資のメリットは?

  1. 1.他人のお金で投資し、家賃で返済できる
     普通、投資は持ち出しで行うが、不動産投資はローンでできる。また、その不動産投資ローンも家賃収入で返済でき、完済したら自分の持ち物になる。
  2. 2.節税効果
     特に不動産投資開始当初は節税になる。減価償却費が重要。
  3. 3.安定した収入
     毎月、借主からの家賃収入がある。安定した収入を確保できる。
  4. 4.私的年金の形成
     家賃収入が年金の代わりや補てんになる。若年投資の場合、ローン返済後は、生活資金の大きな手助けになる。
  5. 5.生命保険、死亡保険として活用できる
     団体信用生命保険(団信)に加入することによって、不動産投資ローンの返済期間中に投資家本人が死亡した場合など、ローンの残高(残債)が0になる。残された家族は、不動産を所有し続けて家賃収入を得る、もしくは、マンションを売却して売却益を保険金として得ることができる。
  6. 6.相続対策になる
     同額の現金を相続した場合に比べ、相続税の節税につながる場合がある。
  7. 7.インフレへのリスクヘッジができる
     インフレで現金の価値が下がった場合でも、現物資産のマンションの価値は物価上昇とともに不動産価格も上がっていくため目減りしない。(家賃も同様に物価上昇とともに上がっていく。土地・建物というモノの価値は、インフレによる物価スライドで価格が上がる。)物価変動に強い。

不動産投資のデメリット(リスク)は?

  1. 1.自己資金等の初期費用が必要
     ある程度の自己資金が必要となる。
  2. 2.流動性リスク
     流動性(売買のしやすさ)が他の投資商品に比べ劣る。
  3. 3.空室リスク
     借り手がおらず、空室が発生すると収入減になる。一戸のみの保有の場合、空室時の収入がゼロになる。
  4. 4.区分(一室)マンションの場合は、固定コストがかかる
     管理費、修繕積立金のコストがかかる。(空室で収入がない場合でも。)
  5. 5.不動産価格の下落リスク
     購入時よりも不動産価格が下落するリスクがある。
  6. 6.天災リスク
     台風や地震などで不動産がダメージを受けるリスクがある。
  7. 7.金利リスク
     不動産投資ローンを変動金利で組んでいる場合、金利上昇に伴って返済金額の負担が大きくなる。

 不動産投資のメリット・デメリット(リスク)を把握したうえで、投資用物件を購入する際に利用することになるのが不動産会社です。不動産会社選びが、不動産投資の成功を左右するといってもいいほど重要な要素だといえます。初めて不動産投資をする人の気持ちに寄り添って、さまざまなアドバイスをしてくれる会社を選ぶようにしたいものです。
 
 その判断目安のひとつに、事前にリスクをきちんと説明してくれるか否かが挙げられます。不動産投資を成功させるためには、キャッシュフローの作成と分析(将来にわたって、投資不動産でお金がプラスになるのかマイナスになるのか)、融資相談へのバックアップなど購入前のフォロー、また、家賃設定、募集管理、家賃等の集金管理、建物管理など購入後のフォローもしてくれる会社を選ぶことが肝要となります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る